• GLINT

アスパラガスのカロリーと栄養素と筋トレ|バルクアップ・ダイエットでの筋肉との関係


画像引用|Wikipedia


アスパラガスのカロリーと栄養素(PFC)をご紹介するとともに、バルクアップ(筋肉肥大)・ダイエット(減量)それぞれに適切な食べ方(筋肉との関係)について解説します。


アスパラガスとはどんな食品?

アスパラガス(竜髭菜、Asparagus spp.)とは、被子植物の中の単子葉植物に属する多年生草本植物である。調理法として茹でる、炒める、焼くの方法があり、茹でたあと冷ましてサラダにすることもできる。また基本的に皮が固いことが多いので、ゆでる前に皮をむく必要がある。ゆでる際はむいた皮を一緒にゆでると風味が良くなるといわれている。引用:Wikipedia「アスパラガス」

アスパラガスのカロリーと栄養素

アスパラガス100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:22kcal タンパク質:2.6g (10.4kcal) 脂質:0.2g (1.8kcal) 炭水化物:3.9g (15.6kcal)


アスパラガス100gあたりのビタミン・ミネラル

ビタミンA:31μg ビタミンE:1.5mg ビタミンK:43μg ビタミンB1:0.14mg ビタミンB2:0.15mg ナイアシン:1mg ビタミンB6:0.12mg 葉酸:190μg パントテン酸:0.59mg ビオチン:1.8μg ビタミンC:15mg

ナトリウム:2mg カリウム:270mg カルシウム:19mg マグネシウム:9mg リン:60mg 鉄:0.7mg 亜鉛:0.5mg 銅:0.1mg マンガン:0.19mg ヨウ素:1μg モリブデン:2μg


部位・種類・調理法別など、さらに詳しい情報は下記の引用元ページをご参照ください。


https://www.jpa-powerlifting.or.jp/asparagus


食事の三大栄養素

食品には三大栄養素と呼ばれるものがあり、それは次の通りです。


①タンパク質(P)

タンパク質は身体をつくる素となる成分です。アミノ酸が結合してできています。


②炭水化物(C)

炭水化物は単糖が結合してできたもので、糖質とも呼ばれ、運動や生命維持のためのカロリー源となります。


過剰に食べると脂肪として身体に貯留されます。


③脂質(F)

動物性・植物性脂肪の総称です。グラムあたりの熱量が炭水化物の2倍もあり、貯留するエネルギー源として効率に優れています。


これら3種類の栄養素の摂取比率をPFCバランスといい、バルクアップトレーニング・ダイエットトレーニングといった目的別に適切なバランスで食事を摂ることが、筋トレ効果を出すためには重要です。


食品の筋トレでの分類


①バルクアップ向き

高タンパク質高カロリー食品


②ダイエット向き

高タンパク質低カロリー食品


③トレーニング前向き

純度の高いカロリー食品


アスパラガスと筋トレの関係

本食品は筋力トレーニングとの関係として、代謝や筋合成に関わるビタミンB群が豊富なためバルクアップトレーニング・ダイエットトレーニング問わず有効な野菜です。


高タンパク質低カロリーの食材と組み合わせると良いでしょう。


アスパラガスのレシピ例

具体的なレシピ例は下記リンク先の記事をご参照ください。


https://www.sfphes.org/search?q=アスパラガス


トレーニングだけでなく食事も大切

トレーニングを行ったら正しいバランスの食事を摂ることが大切で、「食事もトレーニングの一つ」と言われています。特に良質なタンパク質を摂取することは重要です。


詳しくは下記の記事をご参照ください。


筋トレ食事メニュー例|バルクアップやダイエットに適切な食材とレシピのご紹介


オリンププロテインの特徴|WPCとWPIブレンドのパワー

WPCとWPIは相互に強みを持つ異なるタイプのタンパク質です。 WPCとWPIのブレンド製品「WHEY PROTEIN COMPLEX 100%」 は、高品質なWPIとWPCの強みを活かし、美味しく高品質なタンパク質を実現しています。


さらに詳しくは下記リンク先をご参照ください。


オリンププロテインOlimpProtein|WPCとWPIのミックスパワー

4 views